So-net無料ブログ作成
検索選択
前の1件 | -

まだ夢の途中

「STAND BY」ファンミーティングイベントに出演してきました!


ゲストなんていう立派な呼び方をしてもらったけど、
出演者のみんなと、こんなに早く同窓会みたいに集まれるのが嬉しかった。
それと同時に、ようやく、みんなが見せてくれた、「STAND BY」という長い夢から醒める決意ができました。


キャストの彼らを見ていてつくづく思ったことがあるよ。

夢に出会う前でもなく、
夢が叶った後でもなく、

夢を追っている途中に出会うって、すごいことだって!

本当に美しいことだし、尊いことだなって実感した。


ドラクエのような冒険に置き換えると、
冒険がはじまる前に出会った人とも、
冒険後に出会った人とも、絶対違う、冒険中の出会い。

見知らぬ同士が道端でふらっと出会って、
『旅は道連れ』なんて言いながら、わいわい一緒に先を目指して、
そしてどこかで袂を分かつときがあって、
そのうちの誰かは目的地にたどり着くだろうし、
誰かは目的地を変えるだろうし、
誰かは引き返すだろうし、
誰かは挫折するんだと思う。

そんなことは冒険にはつきものだから、
誰かの計画が崩れたとしても、それは勝ち負けでも、ましてや絶望でもなんでもないこと。ちょっと絶望に似ているだけ。


ただ、冒険の途中で出会った人同士って、
たとえしばしのお別れがあったとしても、

「生きていれば、またどこかで会えるよ」

って本当に、心の底からそう言えるんだろうなって思う。
それはすごく特別なことだし、すてきなことだなーって、

稽古中から、金曜日のイベントまで、役者のみんなを見ていて感じたのでした。

生きていれば、またどこかで会える。

それをわかっていたから、樹と正午は15年も会わなかったのに、お互いを信じて想っていられたんだなって、今になって私が気づかされました。

要兄ちゃんという二人にとって、とても大切な人を亡くしているからこそ、実感がこもっているんだなって!



私もこんなに大人になってしまって、夢が手段みたいになってきたところだったけど、

ハイテンションに冒険するパーティーに道程で出会って、
「おいでおいで。一緒に行こう」って手招きしてもらって、ずうずうしくも紛れ込んで、すごく幸せでした。

この関係が、ずっと、つづきますように。


そんなわけで、なぜか、あんな感じのゆるく明るいイベント後に、しみじみしました。



旅は続く。


冒頭で、「ようやく、みんなが見せてくれた、「STAND BY」という長い夢から醒める決意ができました」って書いたけど、ちょっと嘘かも。


夢も続く……。


To Be Continued…


※「STAND BY」カンパニーの癒しの風。日替わりゲストの安達雅哉くんとの2ショットなど。

日替わりゲストのはずが、何度も稽古にも本番にも遊びに来てくれました。
あだっちは、私の旦那や弟に紛れ込んで食事をしてみたり、卓球をしてみたり、我が家でも癒しとなって皆で応援しています。

本当に、一緒にお仕事できてよかったよかった! 「コカンセツ!再演」に続き、野球部役だったね。(※安達くんは、私と違って、とっても野球とは無縁です)



image-20140413195343.png


image-20140413195359.png

nice!(31) 
前の1件 | -

Message

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。